見せるべき美白
ホーム > 注目 > イクメンにいらつくという話

イクメンにいらつくという話

イクメンという言葉に女性が

いらついているというニュースが

出ていました。

 

女性の分野に進出ということで

快く思わない人もいるんでしょうね。

 

ネット上の反応を見ますと

 

 

 

 

女性は結婚したら自分も子供も旦那も面倒みなきゃいけなくなる。プラス仕事。自宅暮らしの男性は結婚しても世話を焼く人が母から奥さんに変わるだけ。私の旦那もそうだった。気づいた時には時すでに遅し。娘が結婚する時にはイクメンなんて言葉がなくなって、ナチュラルに家事子育ては2人の共同作業なんだって時代になっていてほしい。

 

家事育児をする夫に「育てる」には、「文句を言わない、やったらほめる」スタンスが必要だという話をよく見聞きします。

 

が、その結果、「オレは家事育児やってる」と自己満足にひたる男性と、夫の家事のやり方に不満を抱え、やり直す手間がのしかかる女性、という図式ができあがると思います。

 

たとえ「手伝い」という意識でいるとしても、家事や育児を「仕事」ととらえているなら、一定以上の完成度が必要なことくらいわかるはず。

 

女性は結婚したら自分も子供も旦那も面倒みなきゃいけなくなる。プラス仕事。自宅暮らしの男性は結婚しても世話を焼く人が母から奥さんに変わるだけ。私の旦那もそうだった。気づいた時には時すでに遅し。娘が結婚する時にはイクメンなんて言葉がなくなって、ナチュラルに家事子育ては2人の共同作業なんだって時代になっていてほしい。

 

 

家事育児をする夫に「育てる」には、「文句を言わない、やったらほめる」スタンスが必要だという話をよく見聞きします。

 

が、その結果、「オレは家事育児やってる」と自己満足にひたる男性と、夫の家事のやり方に不満を抱え、やり直す手間がのしかかる女性、という図式ができあがると思います。

 

たとえ「手伝い」という意識でいるとしても、家事や育児を「仕事」ととらえているなら、一定以上の完成度が必要なことくらいわかるはず。

 

 

文句があるなら女が男の分まで稼いで家計を支えて、男を育児に専念させれば良いだけの話。男女平等の世の中なのだから、「女が稼いで男が育児」という家庭がもっと増えてもよいはず。そうならないのは女が自分にそこまで稼得能力がないことを棚に上げて、育児は男にも負担させようというワガママに過ぎないのではないか。

 

 

2歳児子育て中の今、定時で帰る努力をしてくれる夫は、会社で嫌みを言われているらしい

「残業しないヤツ」だと

当たり前に夫婦が子育てするには、夫婦の意識だけでは、本当にどうしようもない

世間が変わらなければ

 

 

イクメンって言葉がもう地雷踏んでる。

イクガールとかイク女子とか言うくらいの違和感。

 

もともと"イケメン"のパロディなんだろうけど、

イケメンの言葉の軽薄感と、育児を手伝ってやってる感が

非常によろしくないと思う。

 

ちなみに「イクジイ(育児する爺さん)」は語呂が好き。

 

このようなコメントが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

Meets Company(ミーツカンパニー)2chでの評判は??